あもだろぐ -筋トレ初心者がゴールドジムで肉体改造を目指すブログ

本は紙派だった私がKindle Paperwhite をおすすめする3つの理由

calendar

reload

本は紙派だった私がKindle Paperwhite をおすすめする3つの理由

あもだです。こんばんは。

最近、本は電子書籍で読むことが増えました。
ちょっと前までは、本は紙に限る!電子書籍なんて認めない!!なんて思っていたんですが、今ではすっかり電子書籍派です。
私をここまで変えたもの、それは…

そう、Amazon Kindle Paperwhiteです。
このKindle Paperwhiteを購入してからというもの、
読書量は爆発的に増え、活字に接する機会も増加しました。
今日は、Kindle Paperwhiteについて、私がおすすめする理由を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1.薄い、軽い、小さい!持ち運びがしやすい!!

一番はこれですね。
私は通勤時間に電車内で読むことが多いのですが、本だとどうしてもかさばります。
文庫本ならいいかもしれませんが、ハードカバーでは外に持ち出すことすら困難です。
ところが、Kindle Paperwhiteならその辺の問題を一気に解決できます。



何といっても、大きさが手のひらサイズ、厚さも薄く、そして長時間持っていても負担にならない重量感。
ページ送りなども、画面にタッチするだけでできるので片手で操作可能です。
つまり、片手で吊革などを掴んでいても、本を読み続けることができるのです。
紙の本だと、どうしても片手でページをめくることができなかったので、これは画期的でした。

2.その日の気分で好きな本が読める!

紙の本だと、大抵1冊程度しか持ち歩けないと思います。
それがKindle Paperwhiteだと、内蔵メモリが許す限り何冊でも持ち歩くことができます。

カバンに入れてきた本を出先で読もうとしたら、なんとなく気分じゃなかった、
そんな経験をされたことありませんか?
Kindle Paperwhiteなら、そんな心配とは無縁です。
本を持ち歩くというより、本棚を持ち歩く感覚で本を選ぶことができます。

また、自宅の本棚がいっぱいになることもありません。
部屋が本で埋め尽くされている方も少なくないと思います。
Kindle Paperwhiteなら、家から本棚をなくすことも夢ではないのです。

3.はっきりくっきり!高精細液晶!!

やっぱり紙と比べて、液晶画面は見にくいのでは?
そう考えていた時期が、私にもありました。
Kindle Paperwhiteの高精細液晶は紙で読むのと同じ感覚で、
読み進めていくことができます。

また、暗いところでは紙の本を読むことは難しいと思います。
ところがKindle Paperwhiteにはバックライトがついているので、
暗いところでも気にせず読むことができるのです。

とまあ、怪しいテレビショッピングみたいになってしまいましたw
Kindle Paperwhiteは店頭で販売していないので、
なかなか買おうと決断できない人が多いと思います。
私もそうでした。
ただ、これだけは断言できます。

買って後悔することはありません!

今回はなるべく皆さんに伝わるよう、画像をつけてみました。
もし、こんな画像は用意できないかというお問い合わせがあれば、
コメントをください。
出来る限り準備できればと思います。

というわけで、Kindle Paperwhiteおすすめです!

ではでは。