あもだろぐ -筋トレ初心者がゴールドジムで肉体改造を目指すブログ

プライベートジムIGFで肉体改造!(第3回)

calendar

あもだです。こんばんは。

IGFの第3回です。
辛い筋肉痛にもだいぶ慣れてきました。

スポンサーリンク

今回のメニュー

・スクワット10回×3セット(うち10kgのウェイトを持って2セット)
・プッシュアップ 10回×3セット
・インクラインダンベルプレス(重量アップ!) 8回×3セット
・ラットプルダウン(重量アップ!) 10回×3セット
・アップサイドロウ 10回×2セット 12回×1セット

基本的には初回と同じです。
とはいっても、多少の変化が加わっています。
結局同じことばかりやっていても飽きてしまうし、体も慣れてしまうのであまりいいことではないようです。

感想

やっぱり楽しいというのが最初にきますね。
体を動かして、筋肉を動かして、重いウェイトに耐えてやり切る達成感、すべてが楽しいです。
ゴールドジムでトレーニングしているときも、それはそれで楽しいんですが、
トレーナーについてもらって、いろいろとアドバイスを受けながらトレーニングをするっていうのは、
一人でやっているときとは違った楽しさがあるように思います。
コミュニケーションをとりながらできているためなのか、1時間があっという間に過ぎてしまいます。
高いお金を払っただけの甲斐はあるようですね。

それはそれとして、今回初めてBIG3の一角、ウェイトを用いたスクワットをやりました!
これ、腰にくるのかと思い、これまで敬遠していましたが、
自重でのスクワットでフォームさえ固めておけば、全く腰にきません。
また、レッグプレスなんて比較にならないくらい効きます。
もうマシンには戻れないですね。
あとBIG3でやったことないのはデッドリフトだけです。
これもいつかはやることになるのかな。

食事指導方針に違い

私はこちらのIGFの他にも、PMPというオンラインのジムでも、特に日々の食事に関して指導を受けています。
その食事に関して、IGFの井上さんと指導方針に違いがあるんです。
それがコメなどの主食に関してです。

井上さんは完全にコメをシャットアウトしてしまっても、体内で脂肪から糖を作り出す糖新生が起きるので、全く問題ないとおっしゃいます。
ところが、PMPの方ではカットするにはカットするが、一日拳1個分は摂ったほうがいい。そうでないと、集中力が切れてしまうとおっしゃいます。
一体どちらの方針に従えばいいのか。

結論から言うと、コメ類の完全カットを実施してみようと思います。
というのは、特に主食を摂っていない朝から昼にかけて、
特段集中力が切れたり、強い空腹感におそわれたりしないためです。

PMPでの指導方針は、ダイエット食の基本的な部分を習得するのには、
非常に役に立ちました。いまでも、基本方針はPMPのものを使っています。
ただそこに、井上さんの指導を追加しアレンジするような形です。
ひとまず、2週間くらい継続してみようと思います。
それで成果が出なかったり、体調に支障が出てきたらやめるつもりです。
とりあえず試してみます(ブログのネタにもなるし…)

次回は井上さんの都合の関係で、5日後のトレーニングです。
筋肉痛も多分おさまっているので、そろそろ週2回、どうトレーニングをしていけばいいのかを模索していきたいと思います。

ではでは。