あもだろぐ -筋トレ初心者がゴールドジムで肉体改造を目指すブログ

プライベートジムIGFで肉体改造!(第5回)

calendar

あもだです。こんばんは。

IGFの第5回目です。
残り回数も少なくなってしまい、追加で通うべきか迷っているところです。

スポンサーリンク

今回のメニュー

・スクワット 10回×3セット(10kgのウェイト)
・プッシュアップ(強度アップ!) 10回×3セット
・インクラインダンベルプレス(回数アップ!) 10回×3セット
・ラットプルダウン 10回×3セット
・アップサイドロウ(回数アップ!) 12回×3セット
・サイドレイズ 10回×1セット 8回×2セット(重量アップ)

基本的に奇数回メニューの繰り返しです。
同じメニューも3回目なので、大分フォームも固まってきて、トレーニングしやすくなってきました。
体型の変化や、その後の筋肉痛から感じている種目の効き目なんですが、
プッシュアップとアップサイドロウの効果が大きいのではないかなと思っています。
というのも、胸周辺の贅肉が落ちてきて少し肋骨に触れるようになってきたためです。
トレーニング後の筋肉痛も、一番にくる場所は太腿ですが、その次に大胸筋にきます。
正直、胸はだるんだるんで見るに耐えません。
(毎月写真をアップしているのでなんとも言えませんがw)
それが、少しずつではありますが、引き締まってきたように感じるのです。

また、新しい種目であるサイドレイズ。
こいつがキツイんですわ。
気をつけ、の姿勢で両手にダンベルを持って、そのまま水平になるまで腕を挙げる運動なのですが、思ったよりも断然キツイ。
レップ後半には右腕が挙がらなくなります。
プッシュアップをやっているときにも感じたのですが、
私の場合、腕の筋力が非常に弱いのです。
サイドレイズは三角筋という肩の筋肉を鍛える種目ですが、
腕も当然使います。
そりゃ悲鳴をあげるわけですよねw

ダイエットの行き詰まりを相談

井上トレーナーに、ダイエットの行き詰まり、特に肉を食べるのがキツイという話をして、いいアドバイスがないか相談してみました。
するとですね、簡潔な回答が返ってきたので紹介します。

「肉を食べるのは作業」

ということです…orz

トレーナーもいわゆる減量はやるそうなんですが、
やっぱり私のぶつかった壁は当然のように過ぎてきたそうです。
で、たどり着いた答えが「作業」。
こればかりはどうしようもないみたいですね。
前の記事で書いたように、やはり肉は調理方法が限られてしまうので、
どうしても単調なものになってしまうようです。
だから、「作業」であると割り切って食べるしかないみたいですね。

いやぁ、キツイっすわ。
マッチョの道は一日にしてならず、ですね。

で、ついでに聞いてみたんです。
ひょっとして筋肉つけるのって相当大変なんじゃない?って。
するとですね、やっぱり思ったとおりでした。
痩せるよりも数倍大変だとおっしゃっていました。

痩せるなら、食事を管理して適度に筋トレしていれば痩せていくそうです。
ですが、筋肉をつけるためには、太るようなカロリーを食べなくてはいけないのです。
ではなぜ太らないかというと、それだけトレーニングをするためだとか。
だから、食べられることは才能だとおっしゃっていました。

たしか、こちらの漫画でも同じことをいっていたような…

食べられることとお腹が強いこと、これがマッチョへの近道だそうで、
寿司40貫とか軽く食べられるし、お腹は鉄壁な私は才能があるみたいですよ!

そういう意味でいうと、ただ痩せて体脂肪が落ちているだけの細マッチョなんて、
余裕で簡単に作れるようです。
私の目指すゴリマッチョみたいな方々は、それはもう相当な努力をなさっており、
ああなるまでには大変な苦労があるともおっしゃっていました。

いや、ほんと、マッチョの道は一日にしてならず、ですわ。

というわけで、次回のトレーニングまで一週間。
怪我も治ってきましたし、そろそろ週2のペースに戻していこうかなと思います。
ゴールドジム、復活かな?

ではでは。